公開日: 更新日:

Search Consoleで重要な告知【Important: This report will soon be replaced by the new Performance Report . Please update your links to point to the new report. 】

Search Consoleで重要な告知【Important: This report will soon be replaced by the new Performance Report . Please update your links to point to the new report. 】

ブログやサイトを運営していてGoogle Search Consoleを覗いてみたら、

【Important: This report will soon be replaced by the new Performance Report . Please update your links to point to the new report. 】と赤枠で表示されて何のこっちゃ?

と思った方いらっしゃいませんか?

私も何かの警告じゃないかと思ってちょっと焦りましたよ。

やはりGoogle様からの連絡は、ちょっとしたことでも敏感になってしまいます。

ブロガーやアフィリエイターの性ですね。

今回こちらいついて調べて見ましたので、気になる方はどうぞご覧ください。

Important: This report~とは?

重要と表示されているので、さすがに無視すると怖いですよね。

【Important: This report~】を直訳すると、

【重要: このレポートはまもなく 新しいパフォーマンス レポート に置き換えられます。新しいレポートを参照するようリンクを更新してください。

意訳すると、「Google Search Consoleが新しくなりましたので、こちらを利用してください」ということです。

警告ではなかったですね。心配して損しましたよ(笑)

では実際にその「新しいSearch Console」というものを見ていきましょう。

新しいSearch Console

新しいGoogle Search Consoleを利用するためには、【new Performance Report】をクリックしてください。

もしくは、メッセージでも告知していますので、【新しいレポートに移動】を押してください。

こちらで新しいサーチコンソールの、ツールを利用することができます。

新しく利用すると、このようなポップアップが表示されますので、「開始」「OK」を押して頂ければ大丈夫です。

実際に新しいSearch Consoleを見てみると、かなり分かりやすく簡素な表示になっています。

詳細なデータを表示させてしまうと、色々怒られてしまうので隠してありますが、ご了承ください。

「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」「グラフの推移」と必要最低限の情報のみを表示してくれます。

以前は情報量が多すぎて使いづらいと感じていた方も、こちらの新しいSearch Consoleなら分かりやすいのではないでしょうか。

サイドバーのメニュー表示も「サマリー」「検索パフォーマンス」など最低限必要な項目のみ表示しています。

旧Search Consoleが使いづらいと思っていた方は、こちらに移行してもいいでしょう。

実際にGoogleの公式ページでも、サイトの運営業務に集中できるようにデザインを変更しましたと記載されています。

新しい Search Console

新しい Search Console へようこそ

新しい Search Console では、ウェブマスターの皆様に、トラフィックの監視や、サイトが Google にクロールされるようにするなどのサイト固有の業務に集中していただけるように、サービスのデザインが見直されています。

旧バージョンの Search Console から移行するには? 旧バージョンの Search Console をすでにご利用の場合は、新バージョンの使用方法に関するガイダンスをこちらからご覧ください。同等の新しいレポートがリリースされている場合は、新しい Search Console を使用することを強くおすすめします。
引用元:Search Consoleヘルプ、新しい Search Console



旧バージョンと新バージョンの違いや変更点

新バージョンでは何が変更されたのか、重要な変更点を紹介します。

旧バージョンではできなかったことも表示してくれますので、人によってはかなり有用だと考えますので是非ご覧ください。

旧バージョンでは3ヶ月分の検索トラフィックデータを見ることができましたが、新バージョンでは16カ月分のデータを利用、比較することができます。

この変更点はかなり重要です。

私もデータを比較、検証する際に3ヶ月では足りないと感じていました。

それが一気に16カ月に拡大しましたので、自身のサイトを分析する際に大いに役立ちます。

変更する際は、検索パフォーマンスの「日付:過去〇ヵ月間」をクリックして頂き、

フィルタを「過去16カ月間」に変更して「適用」して頂ければ、表示できます。

こちらはサイト運営にとても有用な情報を提供してくれますので、ぜひ利用しましょう。

他の変更点

他の変更点はこちらのGoogle公式ページをご覧ください。

旧バージョンの Search Console から新バージョンの Search Console に移行する

ツールやレポートの比較

多くのレポートとツールの新バージョンが作成され、今後もさらに移行が続く予定です。ここでは、旧バージョンと新バージョンの Search Console のツールとレポートについて比較します。このリストは、新規レポートが今後も追加されるにつれて変更されます。

各レポートで、新バージョンがリリースされている場合は、これを使用することを強くおすすめします。 新バージョンがリリースされている場合、旧バージョンのレポートは間もなく削除されます
古い Search Console のレポート 新しい Search Console のレポート 比較
– 検索アナリティクス パフォーマンス 新しいレポートは 16 か月分のデータを含み、大幅に使いやすくなっています。
リッチカード 個々の拡張 新しいレポートでは、詳細なデバッグ情報と、修正された問題を再クロールするためのワンクリック リクエストを利用できます。
– サイトへのリンク
– 内部リンク
リンク 新しいレポートでは、「サイトへのリンク」と「内部リンク」の両レポートを組み合わせ、より信頼性の高いリンク数が表示されます。
インデックス ステータス インデックス カバレッジのステータス 新しいレポートには、旧レポートのすべての情報と、Google インデックスから取得した詳細なクロール ステータス情報が表示されます。
– サイトマップ レポート 新しいサイトマップ 同様の情報が掲載されますが、レポートのデザインが向上されています。旧レポートでは、サイトマップを送信せずにテストできましたが、新しいレポートでテストするにはサイトマップの送信が必要です。
– Accelerated Mobile Pages AMP ステータス 新しいレポートでは、報告されるエラータイプが大幅に増え、修正済みページのインデックス再登録をリクエストする修正フローが追加されます。
– 手動による対策 新しい手動による対策 新しいレポートには、レビューのリクエストや結果など、手動による対策の履歴が表示されます。
– モバイル ユーザビリティ モバイル ユーザビリティ 同様の情報が掲載されますが、より使いやすい形式になっています。また、モバイル ユーザビリティに関する問題が修正されたページのインデックス再登録をリクエストする修正フローも提供します。
同等のものはありません URL 検査 Google インデックスのページに関する詳細情報を表示します。これには、インデックス内のステータス(存在または不在)、最後にクロールされた時間、正規 URL、noindex や robots.txt によるブロックなどが含まれます。このツールを使用すると、ライブページがクロールによって検出されるかどうかを確認することもできます。

引用元:引用元:Search Consoleヘルプ、旧バージョンの Search Console から新バージョンの Search Console に移行する

ツールやレポートの比較表を載せましたが、実際に詳しく見たいという方はGoogle公式ページをご覧になるのが良いかと思います。

以前のSearch Consoleに戻したい場合

新しいバージョンでは、分かりやすく簡素に設計されていますので、詳細データが表示されません。

詳細なデータが欲しい方や、以前の操作に慣れてしまった方は、以前の旧Search Consoleに戻しましょう。

左サイドバーの下にある「以前のバージョンに戻す」をクリックして頂ければ、旧バージョンに戻すことができます。

こちらで以前のSearch Consoleを使うことができます。

最後に

旧Search Consoleも新しいSearch Consoleも有用な点がありますので、現状両方のツールを使うのが良いと考えます。

新、旧それぞれのバージョンでURLが違いますので、いちいちバージョンを切り替える必要はありません。

タブで両方のサーチコンソールを表示させて有効に活用させましょう。

新しいバージョンの操作や見方を覚えるのは大変かもしてませんが、今後のサイト運営に役立てることができるのならばそれほど苦ではないと思います。

いつになるかは定かではありませんが、Googleからの告知で旧サーチコンソールは、

新しいサーチコンソールになるということですので、面倒臭がらずに、新しいことを覚えていきましょう。

今回この告知が来てそのまま放置するのではなく、新しいバージョンのサーチコンソールを試してはいかがでしょうか?