公開日:

Googleの検索履歴の確認と消去する方法、履歴を保存しないようにする設定。

Googleの検索履歴の確認と消去する方法、履歴を保存しないようにする設定。

私はGoogle検索をほぼ毎日使っています。

でも過去に検索したワードやページが見つからなくて困るなんてことも結構ありますね。

そんな時に過去の検索したワードやページを表示できる機能を紹介したいと思います。

そして家族や恋人とパソコンを共有していて、過去に検索したものがGoogleに残っていると、

他の人に見られたりして困ったことになる可能性もあります。

見られたらまずいキーワードやページですね。

そういった情報もGoogleから消去、もしくは保存しない設定にすれば安心ですので、こちらもご一緒にご覧ください。

Googleで過去に検索した履歴を確認する

いままでGoogleで検索されたワードやページはこちらで確認ができます。

Google マイアクティビティ

Googleのマイアクティビティと言われる機能ですね。

こちらの機能は過去数年に渡る履歴を確認することができます。

具体的に使い方を見ていきましょう。

こちらがマイアクティビティの画面ですが、赤枠あたりに最新の検索したワードやページが表示されます。

私のプライベートな検索履歴は恥ずかしいので消してあります(笑)

下にスクロールしていくと、過去にさかのぼって履歴が見れるということですね。

次に具体的に確認したい検索ワードを絞り込んでいきましょう。

検索したページの関連するワードを「検索」で調べていけば、過去に調べたパージを見つけることができます。

調べた期間などが分かれば、下の「日付とサービスでフィルタ」でさらに絞り込むことができます。

「日付とサービスでフィルタ」を見てみると、このような形で詳細に調べることができます。

「全期間」「過去30日間」「過去7日間」「昨日」「カスタム」を選ぶことができ、用途別に使い分けるといいでしょう。

個人的には「カスタム」で調べた期間を指定すれば、早く見つかると思います。

上記の様に詳細に検索もできますが、大雑把に調べたいという方は、したの様にテーマごとに振り分けて検索することもできます。

「検索」は過去に検索したワードとページを表示してくれます。

「画像検索」は過去に画像検索したワードとページを表示してくれます。

「ヘルプ」は過去に見たGoogleのヘルプ情報を確認できます。結構役に立ちます。

「YOUTUBE」は過去に見たYouTubeの動画や検索ワードを表示してくれます。

「ADS」はGoogleの広告が表示されたページを確認できます。

これである程度のテーマは絞り込むことができますよ。

どのくらい過去の情報が残っているのか?

私の4,5年前の検索履歴もきちんと残っていました。

人によっては10年以上も前の履歴情報も残っているそうです。

ただこれは、自身のGoogleアカウントを参照して履歴を表示していますので、

パソコンの買い替えや引っ越しなどでGoogleアカウントの変更が行われた場合は履歴は出ません。

かなり前の検索ワードやページを確認してみたんですが、相当恥ずかしいことを検索していました(笑)

こんなに昔の情報も消えずに残っているんですね。

Googleで過去に検索した履歴を消去する

Googleでどのくらい検索したか、どんなワードを検索したかなどすべての情報が残っています。

ちなみにYouTubeもGoogle傘下の企業ですので、YouTubeの履歴情報も残ります。

これは色々な意味で危険ですね。他人に見られたらプライベートが筒抜けですよ。

過去の検索履歴を調べられるのは便利ですが、そんな危険な情報は消してしまいましょう。

履歴の確認と同じくGoogle マイアクティビティで削除ができます。

項目ごとに履歴を削除する

見られたくない恥ずかしい情報を個別に削除する方法です。

検索した履歴の右上の「三つの点(メニューボタン)」をクリックして、下の「削除」を押してください。

このような警告が来ますが、こんなのは無視して「削除」です。

削除したデータは復元できないと書かれていますが、危険な情報が復元なんてされたら困りますよ。

指定した期間やサービスをまとめて削除することもできます。

マイアクティビティの「日付とサービスでフィルタ」で操作してください。

例えば下の様に「YouTube」の「9月11日~9月20日」までの履歴を削除していきます。

「サービス」と「期間」を検索して頂いたら、右の「メニューボタン」を押して頂き、「検索結果を削除」をクリックしてください。

これで履歴をまとめて削除ができます。

すべての履歴を削除する

こんなの一つ一つ調べて、めんどくさい作業は嫌だという方もいるかもしれませんので、

一括してすべて削除する方法もご紹介します。

マイアクティビティのトップページの右のメニューに「アクティビティを削除する基準」を押してください。

左のメニューが無い方は、「Google マイアクティビティ」の右に「メニューボタン」がありますので、

そちらから「アクティビティを削除する基準」を選んでください。

 

こちらの日付で検索を「全期間」にして「削除」をクリックしてください。

またこちらの警告が出ますが、「削除」を押してください。

こちらの方法でGoogleにあるすべての検索情報が消去されます。

ホントにすべて消えて復元することはできませんので、すべてを消すときはよく考えてからにしてくださいね。

履歴を保存しない設定にする

そもそも検索履歴が保存されなければ、他の人に見られる危険性はありません。

その設定の方法も紹介していきます。

まずはGoogle マイアクティビティを開いて設定を変更していきます。

「メニューボタン」を押して頂いて「アクティビティ管理」をクリックしてください。

こちらで検索した履歴などを保存するかどうかの設定をできますので、

停止したいアクティビティを選んでいただいて、設定をオフにしてください。

基本的なGoogle検索履歴を保存したくない場合は「ウェブとアプリのアクティビティ」を停止して頂ければ大丈夫です。

このように聞かれまずが「一時停止」を押して頂ければ、履歴を保存する機能は停止します。

他のアクティビティとして「ロケーションの履歴」「端末情報」「音声アクティビティ」「YouTubeの検索履歴」「YouTubeの再生履歴」があります。

検索を他人に見られたくない、保存したくないという方はそちらの設定も停止してしまいましょう。

最後に

この検索履歴というのはとても便利で、ウェブやYouTubeを見る際にはとても役立ちます。

時には過去に検索した情報をもとに、あなたにお勧めの情報も提供してくれるからです。

そんな便利な機能であっても、その中にはプライベートな部分を多く含みます。

他人に見られたら恥ずかしい情報も含まれるでしょう。

今回はそうった情報が見られないようにするために、自衛する手段をご紹介しました。

みなさんのお役に立てれば幸いです。