公開日:

お金は有限、時間も有限、迫りくるのは借金のみ!

お金は有限、時間も有限、迫りくるのは借金のみ!

皆さんお金を有効に使っていますか?

時間を有効につかっていますか?

私はお金も、時間も無駄に浪費してしまいました。

ただお金も時間も浪費している最中は浪費しているって気づかないんですよね。

その時が楽しければいいという感情に支配されているので、感覚がマヒしているんです。

そして取り返しのつかない状態に追い込まれるまで気づかない。

まさに後悔先に立たずですよ。

浪費している時って、とても不思議な感覚になるんですよね。

中毒性があるのかどうか分かりませんが、途中で気づいてダメだと思っても、

一晩するとそのいけないという気持ちを忘れて、また同じ過ちを繰り返してしまうんです。

精神を保とうとして、頭の中が自分に都合のいい解釈をしてしまうんですかね?

いや困ったものです。

しかもこのお金と時間は密接に関係しているんですよ。

お金を浪費している時、時間も浪費している!

逆に時間を浪費している時、お金も浪費している!

ああ、まさに負の連鎖。

そしてこの状況を打破しようと真っ先に思いつくのが借金です。

特に問題ない人であれば、お金なんて簡単に借りれますからね。

そして借金したお金でまた時間を浪費する・・・

いや全く打破できていないですよね(笑)

そして借金は無限にはできません。

刻一刻とタイムリミットが迫っています。

その現状をホントの意味で打開するために、今こうして記事を書いています。

時間とお金どっちが大事?

お金も有限、時間も有限ならばどちらを大事に使うべきか考えていきます。

世界17か国でお金と時間どちらが大事というアンケートとったそうです。

結果は時間を大事にすると答えた人が、お金を大切にすると答えた人より大幅に上回りました。

正直これには驚きで、意外な結果です。

ちなみに私はお金の方が大事だと考えています。

お金が無ければ生きていけないのに、どうして時間を選んでしまうのかと不思議に思いましたよ。

ちょっと考えましたが、私がお金で悩んでいるからお金を大事に思うのであって、

世界的に見れば金に悩んでいる人の方が少ないということでしょうかね。

うらやましい限りです。

ちなみに日本はと言うとお金が大事と答えた人が多かったそうです。

世界の真逆を言っていますね。

ということは日本人はお金に困っている人が多いということです。

いや日本が経済大国とはよく言ったものですね。

現状は酷いということです。

それと50代を境にお金が大事という人が急激に増えるそうです。

老後の心配なんかもするのでしょう。

年を重ねて現実を直視するのですかね。

皆さんはお金と時間どちらを大事だと考えますか?

参考:「お金と時間どっちが大事?」アンケート調査で判明した意外な事実



お金が無限に湧いてくる

アコム、アイフル、プロミスの大手消費者金融の一ヵ月の新規申し込み件数は、3~4万件だそうです。

これは3社合わせてではありません。1社でです。

一年間にこの3社だけで約130万件の新規申し込みがあるということです。

いや日本の未来は明るいですね。

この消費者金融と言うのは、実に便利でいやらしいものです。

いとも簡単に借りることができます。

そして利用者は気軽に利用できるので、無限にお金が沸いてくると錯覚してしまいます。

そうカードの限度額までが、自分の金だと思い込んでしまうんです。

私も限度額までが、自分の自由に使えるお金だと思い込んでいましたよ。

そして限度額に達してしまっても大丈夫、引き上げも実に簡単に行えてしまいます。

自分が消費者金融に危険と判断されるまで延々と・・・

そして限度額の引き上げができなくなって始めて気づくんです。

ヤバイと!

でも安心です。また次新しい消費者金融に申し込めばいいんです。

やったね。お金が無限に手に入るよ^^

ちなみに私はこの3社からは借りていません。

なぜかと言うと、最後の砦というか矜持というか、

ここを超えてしまったらおしまいだという気持ちがあるからです。

借りている金利はほとんど変わらないのにおかしなことですよね(笑)

まだ私は借りることはできる状況です。

そう無限にお金が沸いてくると錯覚はできる状態ではあります。

しかしこの先は終わりしかありません。

任意整理、自己破産・・・

奨学金は保証人がいますので、そんなことをしてしまったら詰みです。

そうならないために無限に湧いてくるお金の幻想を振り払い、もがいているわけです。

無限の時間

お金が無限に湧いてくる錯覚があるのであれば、

時間も無限にあると感じてしまう時期もありました。

若い時は特にそう感じてしまうのではないでしょうか。

私が時間が無限にあると錯覚してしまった時期は学生のころでしたね。

特に大学生の頃は、何をするにも自由で一生遊んで暮らせるのではないかと感じていましたよ。

そんな思い違いをしたまま過ごしていたものだから、就職先もろくに考えず決めて転職を繰り返しています。

たぶんその時の感覚が忘れられていないから、仕事をしたくないとかいうふざけた考え方ができるのでしょう。

今現在はそんなふざけた考え方は改まりました。

しかし会社に縛られて生きていくのは絶対に御免だという気持ちは変わっていません。

ならどうするか?

個人事業やフリーランスとして生きていくしかありません。

それならば無限の時間は手に入れられなくとも、ある程度の自由な時間は作れるはずです。

正直その道は会社で働くよりも大変です。

実際このブログも挫折して半年くらい引退していましたからね。

でも会社に縛られるのは死んでも嫌なんです。

だからこの道を進むと決めました。

無限の時間は手に入れられなくとも、自由な時間は手に入れてやると。

最後に

正直な話、この記事誰が見るんですかね(笑)

誰かに向けた、誰かのための記事ではなく、完全に私の心の吐露になっていますよ。

自分を追い込んで、モチベーションを高めるという意味の記事、自分自身のための記事ですね。

まあこういう記事もいいんじゃないかと。

ただこの記事を読んでくれた方たちは、タイトルが気になって読んでくれたんだと思います。

少なくとも共感できる部分はちょっとぐらいあったんじゃないでしょうか。

もしくは今の私の現状と似たような人たち。

その方たちに伝えます。

お金も時間も有限です。

どちらが大事という訳ではなく、両方大事にしましょう。

そしてもがき続ければ光明が見えてくるはずです。

その光明を皆様にお届けできるよう、私も頑張っていきます。