公開日:

記事の文字数とアクセス数の関連性を、人気ブログの人気記事から考察する。

記事の文字数とアクセス数の関連性を、人気ブログの人気記事から考察する。

記事の文字数をどのくらいにすれば、

アクセス数が増えるのか皆さん気になるでしょう。

人によって記事の文字数とアクセス数には持論があると思いますが、

今現在は2000文字以上書いた方がいいよと言うのが定説になりつつあります。

ちなみに昔は1000文字以上1500文字以上など言う人もいましたが、

現在の傾向としては2000文字以上と記事の文字数が増加傾向にあります。

かく言う私も記事の文字数が、実際にアクセス数に関連があるのか深く考えたことがあります。

やはり網羅性があり、詳しい記事(必然的に文字数が多くなる)がGoogleに評価されアクセスが上がるのか、

いや記事の人気なんて文字数では測れないのか、いつも考えていましたよ。

そんな記事の文字数とアクセス数について、

実際の様々なブログの人気記事から考察していこうかと思います。

人気ブログの人気記事の文字数

人気ブログの人気記事を見ていけばその傾向が分かるのではないかと考え、

実際に人気記事の文字数を計測しました。

ブログ論や役に立つ情報を発信しているブログ様

1位、9,854文字
2位、11,562文字
3位、10,860文字
4位、2,300文字
5位、9,014文字
平均8,718文字

私が尊敬するブロガー様です。

長文記事が特徴です。

多くの記事が10,000文字近くで構成されており、

長文を書くことで意図的にランキング上位を狙うことを得意としています。

しかもビックワードを的確に狙っています。

昔の私はこの方を目標としていましたが、

はっきり言って無理です。

長文の精神的疲労と初心者では全く検索されない徒労感で挫折しました。

正直マネしない方が身のためです。

アフィリエイト関連情報を発信するブログ様

1位、3,415文字
2位、3,012文字
3位、4,319文字
4位、10,823文字
5位、2,712文字
平均4,856文字

月収数百万のトップアフィリエイター。

情報商材を多数販売しており、

私はあまり好きになれないタイプのアフィリエイターですが、

稼ぐというという一点においてはこの人の右に出るものは居ないと思えるくらいすごい方です。

色々と参考にさせて貰っています。

お金関連ブログ様

1位、3,305文字
2位、4,357文字
3位、3,104文字
4位、3,429文字
5位、2,458文字
平均3,330文字

マネー関連ブログです。

保険、株、貯蓄、クレジットカードなどお金関連の記事を多数掲載しています。

お金関連のブログは雰囲気が固く、分かりづらいことが多いですが、

こちらのブログは経験をもとに記事が構成されており、分かりやすい記事を特徴としています。

昔こちらのブログ様をリスペクトして、サイトを構築しようとしましたが挫折しました。

雑記ブログ様

1位、3,214文字
2位、3,609文字
3位、5,521文字
4位、5,121文字
5位、1,821文字
平均3,855文字

雑記ブログです。

以前は節操なく記事を書いていましたが、最近は自分のスタイルが定着しています。

約一年ほどで月収20万(このブログのみ)を達成しており、

将来雑記ブログを運営するならこの人を真似したいですね。

食品系の特化ブログ様

1位、5,421文字
2位、1,471文字
3位、4,213文字
4位、2,014文字
5位、8,912文字
平均4,406文字

食品その中でも、飲料系の特化ブログ様です。

事細かく情報が載っており、これ以上詳しいブログはないと感じているブログ様です。

詳しいだけではなく実際に自分が行動して記事を作っているので、

とても好感が持てます。

私のブログのアクセス数トップ5

1位、3,275文字
2位、4,933文字
3位、4,879文字
4位、5,323文字
5位、2,663文字
平均4,214文字

人気ブログではない、カスブログですが一応参考のため載せさせていただきます。


人気記事の文字数から考察する

では実際に人気記事のから文字数とアクセス数の関連性を考えていきましょう。

10,000文字の記事

まず特徴的なのが10,000文字近くある記事でしょう。

10,000文字の記事は例外なく、意図的に検索上位をとるために書かれた記事でした。

私は実際に10,000文字近くの記事を執筆したことはないので分かりませんが、

実際執筆するには相当な労力が必要でしょう。

5,000文字でもヒイヒイ言っているような私にとっては考えられません。

しかも実際に10,000文字の記事を執筆しても、

アクセスが全くないという事態に陥る可能性もあるので相当なリスクがあると考えられます。

初心者が実践するのは、無謀と言うものです。

上でも言いましたが、私もそのように記事を書こうと思って実践していましたが、

はっきり言って無理でした。

検証した数値から鑑みて、実際にブログ論を書いている方やアフィリエイト関連のプロフェッショナルしか、

10,000文字近くの記事を書いて成功していません。

なので大量に文字数を稼ぎ意図的に検索上位を獲得するやり方は、

かなりの上級者向けと言えるのではないでしょうか。

人気記事の平均文字数から考察

人気記事の平均文字数が意外と多いというのが分かります。

一般に言われている2,000文字を大幅に超えています。

私の記事でさえ平均が4000文字を超えていますからね。

なのでアクセスされるされないかは置いておいて、

人気記事として評価されるには最低でも3,000文字はないと話にはならいのではないでしょうか。

記事として最低限評価されるには2,000文字は必要、

さらに人気記事として評価されるには3,000文字は必要ということでしょう。

3,000文字以上の記事を作ることが最適解なのか?

人気記事として評価されるには3,000文字以上必要として考察しましたが、

現状記事を執筆するにあたってホントにそれでいいか考えてみます。

正直3,000文字以上の記事を書くとなると結構大変です。

2,000文字の記事と3,000文字の記事を作るとでは、作る労力にかなりの差がでます。

記事の執筆速度に大きな影響を与えるでしょう。

 

そして人気記事について考えなければならない点があります。

それは人気記事は必ずリライトや加筆がなされるということです。

上で検証した記事は、リライトや加筆がなされた結果の文字数なので、

記事として執筆された当初の文字数よりも増えています。

なのでやはり記事として執筆する時点では2,000文字で十分なのではないかと考えます。

記事の執筆速度も考えて、最低文字数を2,000文字ぐらいに抑えて、

その記事の中からアクセスがある記事をリライトや加筆をしていき人気記事に育てるやり方です。

そうすれば記事の執筆速度を落とさずに、効率のよいアクセスの稼ぎ方をできるのではないでしょうか。

最後に

検証したブログ様は一部のブログ様ですので、

完全にこの傾向が当てはまるという訳ではありません。

文字数が少なくてもアクセス数が多く成功している人もいます。

しかし、文字数を書いた方がアクセスされやすい、人気記事になりやすいという傾向はありますので、

参考にしていただければ幸いです。