公開日:

【適当ブログのススメ】ブログの記事は完璧じゃなくていい。むしろ適当でいい!完璧を求めるな!

【適当ブログのススメ】ブログの記事は完璧じゃなくていい。むしろ適当でいい!完璧を求めるな!

皆さん適当に記事を書いてますか~?

ブログの記事なんかに気を張らないで!

ブログの記事なんて適当でいいんです。適当で。

記事を完璧にしようとするとドツボにはまって何も書けなくなりますよ。

以前の私も完璧主義で、納得がいくまできちんと調べてから記事を書くことにしていました。

だけど結局それって自己満足なんですよね。

完璧に調べて記事にしたとしても、他人から見たらガバガバ理論の糞記事。

そしてその記事がもし完璧だったとしてもそもそも誰も求めていない。

そう誰も見てくれないなんて記事を書く意味がありません。

そして審決を注いだその記事に絶望する・・・

その繰り返しでしたよ。

皆さんもそのような絶望を経験しないように今回は、

適当ブログのススメ】を広めようかと思います。

ではどうぞご覧ください。

完璧にしようとすると時間がかかる

基本的に完璧主義の方が記事を書こうとすると、

全部調べてからじゃないと記事が書けない。

記事にできないという方が多いです。

そうなるともう半端じゃなく執筆の時間がかかりますよね。

記事のネタのソースをいくつも調べて、それが正しいのかどうかも調べる。

正しいと分かったら自分なりに分かりやすく解説したり、

自分なりの意見や批判、批評を加えるたりする。

そしてその理論が矛盾がないかどうかまた精査する。

矛盾があったら一からまた記事の書き直しと、延々と修正のループですよ。

さらに調べていくうちに新しい情報があったりなんかしたら、もう大変!!

記事の構成から、自分の意見までまた一から作り直さなければならないんです。

もうこんな作業つらいだけですよ。

そもそも完璧な記事など書けない

というかそもそも完璧な記事なんて書けないんですよ。

これは絶対にかけません。

誰がどう言おうと書けません。

それはその記事を受け取るのが人間だからです。

人は千差万別で人によって意見が変わったり、受け取り方が変わったりします。

そのような人たち全員に正しく伝わる完璧な記事なんてできるはずがないんです。

だから完璧な記事とは完全な自己満足でしかない。

自分が満足するために書いている記事なんだから、

読者だってそんな自己満足の記事なんて見たくないですよね。

だから始めは適当に書けばいいんです。

後からリライトすればいい

記事と言うのは完璧にはできません。

しかし完璧に近づけることはできます。

そう記事は後から修正や追記をすることができます。

日々情報が変化して、新しい情報がでてきますので、

その都度記事をリライトしたり、付け加えればいいんですよ。

そして過去の自分では知識や技術が足りなかった記事も、

成長した後ならばより良い記事にできるはずです。

何も一番初めから完璧を求めなくても誰も責めませんよ。

一歩一歩成長していけばいいんです。


記事の更新頻度が少なくなる

記事の質を重視して完璧を求めるあまり、記事の執筆に時間がかかります。

更には記事の質、完璧を求めるとこれじゃ出せないと思い没になってしまうことも多々あります。

そうなると必然的に更新頻度が下がりますよね。

更新頻度はアクセス数を伸ばすための重要な要素です。

ブログ初心者にとっては一番と言ってもいいくらいですね。

記事の更新頻度が下がると、アクセス数も下がり、

モチベーションも下がりいいことは何一つありません。

そしてモチベーションが無い状態で書いた記事なんて、ゴミみたいな記事しかできないのでホントに負の連鎖です。

完璧を求めて書くよりも、新しい記事を何個も執筆した方が成長に繋がります。

そう完璧主義は自身の成長の妨げになっているんです。

完璧に作ったと思っても誰も見ない

この記事は完璧だ!自信の超大作だ!

と思っても実際は誰もみないんですよ。

そう自分が書きたいだけの記事を書いたもんだから、

読者のニーズなんてそっちのけで書いているんです。

そんなもの誰も見ないですよね。

たとえ読者のニーズに沿っていて、記事の内容も素晴らしい、

誰が見ても称賛する記事を書いても、検索されなければ意味がない。

原因はSEOとか自身のサイトが弱いとかいろいろあると思いますが、

初心者のうちはどんなに完璧でも、誰にも見られることはないんです。

ネットの記事なんてそういうものなのだと割り切って、

完璧な記事をかくのはやめて適当に書きましょう。

挫折して引退してしまう

実際完璧主義がゆえに、負の連鎖にはまってしまうということはよくあることです。

その負のループはとても苦しいものです。

結局は耐えられなくなり挫折してしまうんです。

もう挫折したさきは引退しかありません。

よほどの理由が無い限り戻ってはこないでしょう。

わたしも一度挫折して引退した口です。

そのころの私も質重視で完璧を求めて記事を書いていましたね。

正直つらかったです。きつかったです。

記事を執筆するのに何時間、時には数日に渡って記事を仕上げても誰も見ない。

まあ初心者だったんで当たり前のことなんですが、

そういった苦心して作ったものが報われない時の苦痛はすさまじいものがあります。

そして段々と更新頻度が少なくなっていく・・・

その苦痛に耐えられなくなりどうしたか?

そう引退です。私は一度引退しました。

皆さん口をそろえてまず100記事を書こうと言っていますが、

完璧主義の方は確実に100記事書く前に挫折します。

間違いない。

だから初心者に質重視なんて助言をするんじゃねえ!!

結論。適当に書こう

結論はね。やっぱり適当に書こう。

そのほうが精神的にもいいし、受け取る側も気楽に見れますよ。

そして皆さんも私のようなつらい経験をして引退をしてほしくないので、

完璧を求めてほしくはないのです。

実際記事数をこなした方が、実力つきますしアクセス数もふえますよ。

そう適当な記事だとしてもアクセスは増えるんです。

記事数をこなして自身の技術が上がったというのもあるでしょうが、

記事を頻繁に更新しないとGoogleには評価はされません。

しかも頻繁に新しい記事を更新していれば、

適当に書いた記事がお宝ワードを引き当て、思わぬヒットを飛ばすということもあるでしょう。

TwitterなどのSNSで拡散されてバズることもあるかもしれません。

そのような機会を逃さないように記事の更新頻度はできるだけ多い方がいいんです。

私も過去の過ちを踏まえ、「記事の質重視」「完璧主義」から「記事数重視」に方向転換しました。

もちろん気を張らずに適当に書いていますが、順調にアクセス数が伸びています。

皆さんも記事の執筆に悩んでいるのであれば、記事なんて適当に書きましょう。

絶対に後悔はさせません。

嘘だと思って試してみてください。