公開日: 更新日:

アドワーズの広告審査通らねえ!キャンペーン不承認どうすりゃいいんだよ!!

アドワーズの広告審査通らねえ!キャンペーン不承認どうすりゃいいんだよ!!

キーワードプランナー使えねえぞゴラァ!!!

 

キーワードプランナーの仕様変更により無料では正確な検索ボリュームが表示されなくなりました。

まあ今まで超優良ツールを無料で使えてたのが奇跡なんですが。

どうしたら使えるようになるのか?

それはアドワーズに広告を出し、その広告がGoogleの検索で表示され、実際に費用が発生することが条件です。

正確な検索ボリュームを知るためにアドワーズの広告を出さなければなりません。

しかし、アドワーズの広告審査一切通りません。

マジで超萎えるわー。

一応やれることだけはやったのですが・・・

私は一切解決できなかったわけですが、これで解決できる人が居るかもしれないので紹介していきます。

アドワーズ広告不承認

キーワードプランナーをまともに使えるようにするために、アドワーズで広告を出しました。

様々なサイトを見ながら広告を出したのですが、超めんどくせえ&わかりずらい。

四苦八苦しながら、アドワーズの広告を出しました。

しかーしそう簡単にはいきません。

 

『グーグルアドワーズ:広告の不承認』という恐怖のメールが届きます。

メールをそのまま晒すのはグーグル様に怒られてしまうかもしれないので控えます。

まあ内容を要約すると「広告に出したサイトがGoogleの広告掲載ポリシーに準拠していないから修正をするまで広告は掲載しませんよ。」という内容です。

しかし不承認の理由が全くの謎でした。

悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア: お客様の広告は、不正なソフトウェアが含まれるか、ランディング ページで Google のポリシーに違反する不正なソフトウェアのホスティングや配布が確認されており、Google ユーザーの安全を守るため不承認とさせていただきました。ご自身ならびにご自身の顧客を保護するためにも、すぐにこの問題について調査されることを強くおすすめいたします。広告を掲載するには、ご使用のコンピュータが不正なソフトウェアに感染していないか確認し、広告とサイトから不正なコードをすべて削除した上で、サイトと広告を再度審査にお送りください。

引用元:Googleのメール

ええー!?「悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア」って何のこと?

悪質なソフトウェアとか知らないし、このブログ始めて一ヵ月も経っていないのに分からないよ。どうして!?

しかも複数回違反してました。メールには『広告掲載のポリシーを繰り返し違反した場合、お客様のAdWordsアカウントを停止させていただくことがあります。』怖いこと言わないでホントヤメテ!!

前払いでアドワーズに1000円入れてるんだからお金消えちゃう。それよりも正確な数字のキーワードプランナーが使えなくなっちゃう。めちゃくちゃ大問題です。

解決策を求めて

まずはAdWords のポリシーを確認しましたが、うん分からん。

そして原因である「悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア」についてアドワーズのヘルプと、ブログなどで同じ状態の人が居ないか調べました。

ホント疲れたよママン・・・

公式の解決策はアドワーズのヘルプ広告ネットワークの不正利用です。

それ以外にも超調べまくりました。その解決策達です。

始めに言っておきますが、これらの解決策を使っても今現在一切改善されておりません。

それでもよければご覧ください。


解決策

 

自身のサイトが正常か判断する。

まずは解決策を試す前にGoogle Search Console でサイトの状況をチェックをします。

ここでセキュリティなどの問題があればすぐ解決できると思うのですが、問題は一切ありませんでした。

次にStop Badwareでブラックリストに入っていないか調査。

※直接Stop Badwareのリンクで飛ぶと英語のサイトで分かりずらいので、Googleで検索して日本語に訳してから飛ぶと分かりやすいと思います。

自身のサイトURLをここで検索すれば、ブラックリストに入っていないかどうか分かります。

もし自身のサイトが不正アクセスされて、悪質なマルウェアを仕込まれた場合ここで検索するとヒットします。

私のサイトはヒットしませんでした。

解決策①

外部の不正なリンク先、悪質なリンク先があった場合違反となる場合があります。

私始めたばかりなので外部リンクはほとんどありません。現在ある外部リンクはGoogleアナリティクスやサーチコンソールの利用規約などのGoogle公式リンクしかありません。

はいこの可能性は消えました。

余りよろしくない迷惑サイトへのリンク先へ誘導することはSEO的にも最悪ですので、絶対にお止めください。

解決策②

悪質なサイトからの被リンクが存在する場合不承認となる場合がある。

サチコ(Google search console)のサイトへのリンクを見ればわかりますが、私のこのサイト被リンクは一切ありません!!

まあ立ち上げて一ヵ月も経ってないんで当たり前です。

サイトの被リンクを確認するには、「Google search console」の「検索トラフィック」→「サイトへのリンク」を見ていただければ簡単に確認できます。

今現在結構被リンクもついている状況ですが、さすがに晒すのはいただけませんので隠してあります。

こちらの「リンク数の最も多いリンク元」を確認していただきます。

ここで不明な被リンクを確認して怪しいリンクが無いか調べてください。

例えば日本語ではない外国のサイトのリンクはほぼアウトです。

十中八九スパムリンクですので、Googleにリンク拒否申請を出してください。

他には異常に多いリンクも注意しましょう。

解決策③

直球、悪質なソフトウェアを配布している。もしくはダウンロードできる状態にある。

今回私は「悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア」というGoogle様の判断で広告が不承認になりました。

そんなの絶対にしていません。

みなさまが審査を受ける際には、アプリのダウンロードやダウンロードサイトへの直リンクも、Googleの判断によってNGを食らう可能性がありますのでご注意ください。

解決策④

JavaScriptを使用していた場合検知される場合がある。

私は使用していません。

ワードプレスのテーマによって JavaScriptを使用している場合があります。

しかし私のワードプレスのテーマでは一切使用していません。

LION BLOGというテーマを使っていますが、NO JavaScript仕様です。

NO JavaScript(JavaScriptを使っていません)

LION BLOGのテーマフォルダ内を見ていただければわかりますが、JavaScriptファイルを格納する「js」フォルダがありません。LION BLOGでは、処理が重くなるJavaScriptを利用せず、ビジュアルエフェクトはすべてCSSで対応しています。(下記で紹介するCSSの非同期読み込み機能を有効化すると一行インラインでJavaScriptが記述されます)

引用元:LION BLOG ページの高速表示を意識したテーマ設計

ワードプレスで運営しているのであれば、テーマ提供者にJavaScriptを使っているかどうか確認をとってください。

既存のブログサービスを使っているなら、サービス元で JavaScriptを使用している可能性があります。

使用しているブログサービスの公式ページで使用しているかどうか確認してください。

解決策⑤

サーバー上にマルウェア(不正なファイル)が存在しているかもしれません。

プラグイン導入の際に仕込まれた可能性があるとのこと。

解決策はWordPressのプラグイン「Wordfence Security」で検知できますとありました。

導入しましたが、結果マルウェアはありませんでした。プラグインが英語でめちゃくちゃ時間かかって疲れました。

みなさまも自身のサイトに不正なマルウェアが仕込まれていないかどうか一度ご確認ください。

解決策⑥

Googleサーチコンソール、Googleアナリティクスのキャプチャ画像が規約違反となっている。

ブログ立ち上げ10日目で読者0人!!原因と対策の記事で『Googleサーチコンソール、Googleアナリティクスのキャプチャ画像』を貼っていました。

アドワーズの広告不承認を調べていた際に、Googleアナリティクスのキャプチャ画像はアドセンスの規約違反となる可能性があることを知ります。

アドセンスの利用規約なのですが、アドワーズにも適応されて広告申請が通らないかもしれないのです!!

一応こちらのAdSenseオンライン利用規約の機密保持によるものらしいです。らしいというのは利用規約での表現の範囲がどこまでか分からないからです。

9.        秘密保持

お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、(a)本サービスに関連する一切の Google のソフトウェア、技術および文書、(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計、(c)本サービスにおけるベータ版機能の存在およびそれに関する情報、ならびに(d)Google により提供されるその他の情報であって、機密であると指定されるか、それが提示される状況において通常機密とみなされるものが含まれます。Google 機密情報には、お客様による本サービスの利用より前にお客様にとって既知であった情報、お客様の責によらず公知となった情報、お客様が独自に開発した情報、または第三者によりお客様に適法に与えられた情報は、含まれないものとします。本第 9 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。

引用:AdSense オンライン利用規約

ええ知りませんでした。誠に無知で申し訳ありません。

不承認の原因である「悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア」とは関係ないのですが、規約違反は規約違反です。

もしかしたらこのせいかもしれませんのでキャプチャ画像を削除しました。

もうこれ以外の解決策はない!と思いキャンペーンを再審査しますが・・・

結果はダメっ><

最終手段!Googleにメール&電話をする!!

AdWords ヘルプセンターに問い合わせる。もしくはGoogle AdWords サポートに電話で問い合わせる。

ええ最終手段問い合わせです。

まずはAdWords ヘルプセンターに、現在のキャンペーン不承認の状態と行った対策を書き送ります。

ちなみにGoogle の担当者からの連絡方法は、電話でもメールでも良いにチェックを入れました。

そして5日後・・・

 

何とアドワーズからメールが届く!!

お問い合わせいただいた広告の件につきまして、現在確認をしております。詳細が分かり次第あらためてご連絡いたしますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

正直日にちがかなり経って、諦めていたのでメールが来たことにかなり驚きましたよ。

ええ待ちます待ちますとも。

そして1日後・・・

アドワーズのサポートがら電話が来ました!

提示された解決策とは!?

 

 

広告ネットワークの不正利用のURLをメールで送られました。ただこれだけです。

いやその情報とっくに知っていて試したんですけど・・・

というかそのサポートの電話の人がもう初心者でした。電話対応に出て一週間ってぐらいの人です。

 

『あっえーと・・・まずGoogleで○○を検索してほしいのですが・・・え!?出ない?・・・もう一度・・・でない・・・ではメールで直接URL送りますので一旦保留にさせていただきます。・・・』

『メールは届きましたか?こちらを試して頂いて再申請していただければと思います。分からないことがあればまたお電話お待ちしております。』

かなりやりとりを端折っていますが、こちらの話をあまり聞かないでサポート側の解決策を押し付けるようなやり取りでした。

メールで来た情報はとっくに知っていて『この情報はとっくに知ってて試したからどうにかしろよ!?』と言いたかったです。

しかしこいつじゃ話をしても絶対無理!!と分かっていましたので、はい分かりましたと言って早々に切りました。

話はちょっとずれるのですが、私は以前ドコモやアップルの電話サポートのSVをしていました。

だからこのような初心者に当たることも仕方のないこと。

そして問題を抱えている人に一切サポートできる情報が提供できない、ということも多々あると知っていました。

大企業の電話サポートについては、大抵業務委託をされた会社が対応してるんで、あまり電話対応がよろしくないところはたくさんあります。

業務環境が劣悪ですぐ現場に出ろ!っていう所じゃない限り、基本的に2,3週間ほどの研修を経て実際の現場にでます。

きちんと教育制度が整っている所は一ヵ月以上研修に費やします。

しかし、今回運が悪く本当に研修受けたのか!?と言うレベルの初心者にあたりました。

どうなってるんですか!?Googleさん!!

今後どうするか?

吹っ切れました。

問い合わせして何も解決しなかった。電話に出たのが初心者だった。

という怒りもあったのですが、こりゃどうしようもねーなという気持ちが大きかったです。

キーワードプランナーを使おうとして10日以上これで悩みました。悩んでも時間の無駄!!

なのでサイトをもう一つ作ってそれでアドワーズの広告申請します。

どうせ資産サイトを作るつもりだったしそれで申請出せばいいやという結論です。

色々と経験になりましたし、知識もついたのでよしとしましょう。

ポジティブに考えることにしましたのでね。

キーワードプランナーに変わる無料のツール「アラマキジャケ」

検索数予測ツール aramakijake

アドワーズの広告審査が通らず、キーワードプランナーが使えませんので代替ツールを使うことにしました。

こちらのaramakijakeというツールは無料にしては使えます。

GoogleとYahoo!の検索数を表示してくれます。

精度については、そこまで有用という訳ではないのですが、検索頻度が高いビックワードに関しては問題なく使用できます。

ただスモールワードやキーワードを複合して調べると「データが見つかりませんでした」という表示が出て調べることができません。

つなぎとして使うのには十分です。

アドワーズで広告を出すにあたっての注意事項

かなり重要な注意事項です。

アドワーズのキャンペーン広告不承認で、ポリシー違反している人はキャンペーン広告を削除しましょう。

アドワーズの広告再申請中など特段の理由がない限り広告を削除しないとかなり危険です。

最悪アカウント停止になります。

上記の違反を修正できない場合や修正を行わない場合は、広告を削除してください。不承認の広告が多すぎると、将来的にアカウントが停止される場合があります。

引用:広告ネットワークの不正利用

解決策を探しているときに見つけたのですか、私と同じくキーワードプランナーを使おうと、アドワーズで広告を出してポリシー違反を何回もしてしまった人がいます。

その人は実際アドワーズのアカウントが停止になりほぼ詰み状態になっています。

それと、広告キャンペーンを一時停止したとしても、申請に出したサイトを継続的に再審査をしているようです。

なので一時停止だけでは、アドワーズのアカウント停止になる可能性があります。

手動で再審査していないから大丈夫だろう」、「一時停止したから大丈夫だろう」といって安心しないで、不承認になったキャンペーンは、再審査するとき以外きちんと削除するようにしましょう。

最後に

キーワードプランナーを無料で使うことはできますが、検索数を正確に調べることはできません。

広告を出していないと、大雑把な数値しか表示してくれないんです。

しかしアフィリエイトで稼ぐには、キーワードを把握することが大切です。

今後もキーワードプランナーを正確に使うために、申請は出していきますので、皆さんもあきらめずに使えるようにしましょう。