公開日:

友達が代表取締役社長に就任したお話

友達が代表取締役社長に就任したお話

先日友達が代表取締役社長に就任しました。

友達というより親友ですね。

おめでとうございます。

とてもとてもうれしいです。

いつもなら「わーパチパチパチ」とか大文字&赤字&太字で書いて茶化すんですけど、

今回はまじめに行きます。

心から祝福しております。

しかし私の中でもやもやとしたものが渦巻いています。

それは親友に対してはなく自分自身に対してです。

そう何も成し遂げていない、行動もろくにできない自分にです。

かなり個人的な記事ですが、

そういったもやもやとしたものをここで吐き出そうかなと思います。

くっそつまんないかもしれませんが、おつきあいいただければ幸いです。

入社10ヶ月で代表取締役社長に就任

親友が入社10ヶ月で社長になりました。

まあ複数あるグループ会社の社長を任されたわけですが、早すぎです。

実際こいつは将来絶対に社長になる器だとは、

内心思っていたのですがここまで早いとは思いもよりませんでした。

と言うのは20代のころは、お世辞にも大成するような実生活を送ってなかったからです。

社長に就任する前の友達

私と同じ大学だったのですが、大学生のころは毎日パチンコ、麻雀で全く勉強をせず遊びほうけていました。

まあこれに関しては私と同じです。

一緒に遊んでいましたので(笑)

卒業してからもあまり変わりませんでした。

友達は卒業して、弁護士になると言いロースクールに行ったのですが、

そこでも毎日アホの様に飲み歩き遊んでいましたね。

しかも奨学金でパチンコ三昧!

正直うらやましかったですよ。

一方私はというと、適当にバイトや派遣で日銭を稼ぎ

飽きたらパチンコ、パチスロで稼いでニート生活をしていましたね。

正直あの頃は将来のことは全く考えず生きていて、くっそ楽しかったです。

そして友達はロースクールを卒業しても働かず、だらだらと生活をしていましたね。

生活費は親から貰っていたようです。

転機

そんな私たちにも転機が訪れます。

その親友と一緒に起業しようと決めたのです。

ただ今まで生産性のない生活をした自分たちが成功するはずがないですよね。

始めは友達が司法試験に合格して弁護士になる。

そして私は司法書士の資格を取って、共同で事務所を設立しようとなりました。

まあ結果はお分かりですが、二人とも合格なんかできずに挫折ですよ。

一応法律資格の登竜門である宅地建物取引主任者の資格は取りましたが、

司法書士なんて合格できるはずもありませんでした。

まあ共同事務所の話はうやむやになって消えました。

でもまだ諦めてはいませんよ。

今度は婚活事業を立ち上げるという話になりました。

これから日本は少子化、晩婚化で人口が減りつづける。

なら婚活事業が流行り、国から補助金も出るはず!と考えてのことです。

今から考えるととても浅はかですねえ。

一応活動はしましたよ。

まずは街コンから始めて、実績を作ってから会社を立ち上げると考えていたので街コンの活動はしていました。

ただあれめちゃくちゃだるいですね。

しかもあまり金にならない。

正直私は社交的な方ではないので、相当きつかったですね。

今考えるとなぜあんなのを選択したのか不思議なくらいです。

そんなこんなでそんなだるくて金にならない活動なんか続けられるはずもなく自然消滅ですよ。

その後の二人

まあ私の方は、過去の記事にも書いたようにあまり生産的な活動は行っていないです。

友達に関しては色々と動いていましたね。

様々な社長や大物たちと積極的に交流を図っていました。

具体的には言えませんが、某巨大掲示板の管理人とかロケット打ち上げに失敗したあの方とかです。

この行動力は凄まじですね。

昔の非生産的な生活からは考えられないです。

素直に尊敬します。

元々友達はビックマウスで、

「社長になるよ。まあそれ以上になるけどね。」

的なことを言っていました。

ネタじゃなくもう既に有言実行で社長ですからね。

友達はどんなやつ?

上でも言いましたが、超ビッグマウスです。

口が達者でとても社交的です。

口喧嘩なんかしたら絶対に勝てる気がしないですね。

えー私と同い年なので30歳前半です。

入社10ヶ月で代表取締役社長です。

入社数か月で実質役員的な仕事を任されていました。

役員のするような仕事を任されていたのですが、

役職は何も就いていませんでしたので、課長、部長、執行役いろいろなものをすっ飛ばして

代表取締役社長就任です。

小さな会社ではないですよ。

売上〇〇〇億あるグループ会社です。

親が代表取締役社長です。

友達の会社とは全く関係ない会社なのでコネとかではありません。

友達の親は俺より早く社長になったなと笑っていたそうです。

あと友達が社長に就任したことを伝えると祝福の言葉の前に一言

「気張れ!」

と伝えたそうです。

なかなか含蓄のあるお言葉です。

昔は糞野郎の糞な生活をしていました。

以上です。


自身のことを少しだけ・・・

昔は同じ糞野郎だったのに嫉妬していないの?という意見もあるかと思います。

少しはうらやましいという気持ちはありますが、正直嫉妬はないです。

だって昔と違い友達は今の現状に見合った行動をとってきましたから。

私がそういった行動をとってきたか?

そしてその行動を実行できる能力があるのか?

と言えばNOだからです。

正直自分には無理ですね。

嫉妬していいのは、それ相応の行動をしてきて報われなかった人だけだと思います。

ちなみに友達に起業を持ちかけたのは私からです。

そして「お前は社長の器だよ。社長になろうぜ!」

と色々けしかけたのも私からです。

そしてたまに友達が

「俺が変われて今こうしてるのもあの言葉があったからだ。」

と言ってくれます。

感謝の様に聞こえますが、今の私には

どうして奮い立たないのか?

なぜ行動しないのか?

と叱咤激励のように聞こえます。

たぶんそういった意味も込めて友達は言っているんでしょう。

私も一緒に起業しようと持ち掛けた頃は、意欲があってなんでもできると思っていたんですけどね。

今は干からびたイカです。

最後に

なぜこんな記事を書いたかと言うと、代表取締役社長就任の祝福という気持ちもあります。

そして私も行動しよう、自分を奮い立たせようと思ったからです。

こうしてブログも半年ぶりに再開しました。

そしてこれを機にアフィリエイトで稼いでやろうと思い立ちました。

アフィリエイトは9割以上の人が挫折するみたいです。

私もそのお仲間になりかけました。

しかしそんなの吹き飛ばします。

これから頑張るんで、見ていてください。

そして皆さんも一緒に頑張っていきましょう。